上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集方法とエンコードについて

長くなるかもしれないので、格納。
続きを読む からどうぞ。
【工程1:自分の声と録画した映像を合わせる】

まずは録画ですが、こちらはキャプチャーボードに付いてきたCDに付属されてた
「MagicTV」というアプリケーションで録画しています。

と、同時に録音。録音に使ってるソフトはフリーソフトの「Audacity」です。

収録が終わったら、ウィンドウズムービーメーカーで編集してます。
まずは、ビデオの音声と自分の音声のボリューム調整。

ビデオ+ ②ビデオ-

もしかしたら分からない人もいるかと思いまして、一応記載します。
①画像の「ビデオ」の横にある「+」をクリックすると、②のようにビデオのオーディオが出てきますので、
オーディオラインで 右クリック→ボリューム で音量を調節できます。

オーディオ/音楽 の部分には自分の音声を入れて、ボリューム調整。

声と画像を合わせる時には、録画と録音を開始した直後に
カーソルの動き等に合わせて声を出すと楽です。その後に挨拶等をして、不必要な部分はカット。
ボタンを押す時に、自分の声でも「ポン」とか「ポチ」とか言ってみましょう。
バカらしいですが、びっくりするほど編集が楽になります。

で、編集が終了したらムービーを発行します。
ここで気を付けなければいけないのが
「コンピューターの最高品質で再生(推奨)」を選んではいけません!

圧縮サイズ で限界値まで容量を上げて保存するか
追加の品質 でDVDの品質で保存しましょう。

自分の場合はニコニコ用のプラグインを使ってます(サイズも設定してくれるので便利)
どこで拾ってきたか忘れてしまったのでお教えできません・・・申し訳


【工程2:ニコニコ動画に投稿できるようにエンコードする】

さて、動画を編集して保存できたらエンコードしますよ。
エンコードには「MediaCoder」を使ってます。
エンコードするにあたって、制限を超えないようにする。
無料会員なら40MB 有料会員なら100MB
これが限界値です(実際はちょっとオーバーしても平気らしい)

映像

③の画像がMediaCoderの画面。
編集し保存した動画を上のとこに入れて、赤枠で囲った部分に注目。
ビデオのタブを選択するとこの画像になります。
「モード」のtwo-passは動きの多い動画に使うといいです。
「ビデオを有効にする」にチェックを入れ、その下の数値は映像ビットレートです。

ビットレートは自分で確かめるしかありません。
ニコニコ動画用ビットレート計算機というものもありますので、活用してください。

「形式」は「H.264」でいつも発行してます。
最近では無料会員でもH.264で投稿できるようになってます。

音声

④の画像がオーディオ設定画面。
オーディオタブを開くとこの画面が出てきます。
左の赤枠はこの通りに設定しておいてください。
ホワイトノイズがちょっと気になる場合等は、「リサンプル」の部分をオリジナルから44100Hlzとかに変更してみて下さい。

一番気にするべき点は、右下の赤枠部分。
これが音声ビットレートです。
低ければ低いほど、映像ビットレートを良くできますが
最低でも48は欲しいところです。
自分の場合はいつも64でやってます。

さぁ、全てを設定し終わったら「Start」を押すとエンコードが始まります。
後は待つだけ。

長々とお読み頂きましてお疲れ様です
※これが最良の方法ではありません。私がこういう方法でエンコードしてるだけです。
自分に合ったエンコード方法を探すのもまた一興です。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。